Simple Site

野村泰介について

1977年9月東京都で生まれる
1988年3月岡山県岡山市に転居
2000年3月山口大学人文学部卒業
2000年4月~2016年3月 私立高校で地歴・公民・情報で教壇に立つ。授業総時間数約9000時間関わった生徒数約3000人
2016年8月 野村教育研究所開設
2017年4月 岡山市北区奉還町に「SGSG」開設
2018年2月 一般社団法人SGSG理事長に就任
2020年4月 岡山大学教育学研究科教育科学専攻
2021年2月 一般社団法人なないろ代表理事に就任

資格
教員免許(高校普1種 地歴、公民、情報 中学普2種 社会 高校普助 工業)
司書教諭資格
社会貢献教育ファシリテーター(日本ファンドレイジング協会認定)

他の兼職
岡山県立岡山工業高校高校非常勤講師
岡山商科大学附属高校非常勤講師
岡山市立大元公民館運営委員
NPO法人日本メディカルダイエット支援機構理事

元職
中国学園大学子ども学部特任講師(2017年4月~2020年3月)
岡山市立岡山後楽館高校非常勤講師(2017年4月~2020年3月)
岡山県男女共同参画審議員(2018年4月~2020年3月)
岡山県立和気閑谷高校非常勤講師(2018年4月~2021年3月)

業績

論文
 2010年  ビデオ制作を通じた海外との著作権等許諾処理の実践(第5回著作権教育の実践事例)
 2011年  地域の歴史文化の継承~フィールドワークを中心として門田文化を学ぶ
(日本私学教育研究所委託研究事業)
 2011年  クリエイティブコモンズの可能性~クラス解散後の著作物の管理をどうするか~(第6回著作権教育の実践事例)
 2014年  地域の諸問題解決のために貢献する生徒会活動(日本私学教育研究所委託研究事業)
 2017年 コレクティブインパクトの概念を用いたシティズンシップ教育における社会科教育実践の提案
(中国学園大学子ども学部研究論文集創刊号) 
 2018年  妊娠した高校生の支援を考えるプロジェクト(現代性教育ジャーナル2018年12月号)
 2019年  社会教育の観点で見る高校生による地域観光発信の可能性(中国学園紀要第18号)
 2021年  ノンフォーマル・エデュケーション視点で考える高校中退者・不登校生徒のキャリア支援の可能性
(公益財団法人 橋本財団2019年福祉研究助成)

講演など
2012年  教職員著作権講習会(主催:文化庁 於:東京大学本郷キャンパス)講師
2014年   2014年度岡山市立中央公民館講座「どーなつカフェ」講師
「オーストラリアカウラ訪問報告会」主催 
2015年   岡山市主催「つながる協働ひろば」座談会講師
  2015年度岡山市立中央公民館講座「どーなつカフェ」講師
 岡山市社会実験ハイコーチャレンジ「若者主役の18歳選挙権」パネリスト
2016年   2016年度岡山市立中央公民館講座「どーなつトーク」講師
 若者の参画する街おかやま「マチナカ岡山day」講師
 2016年度岡山市立大元公民館講座「なぜなに選挙ゼミナール」講師
2017年  ゆうあいセンターセミナー講師「高校生をなめるな!と言わせる方法」
 岡山市明るい選挙推進協総会講師
 岡山市立公民館職員研修講師(主権者教育)
 岡山市立公民館職員研修講師(著作権処理実務)
 つながる協働ひろばイベント「高校生フォーラム」コーディネーター
 倉敷芸術科学大学外部講師(プレゼンテーション論)
 2018年   岡山市立公民館大会分科会助言者 
妊娠した高校生の支援を考えるフォーラムコーディネーター
 「今、子どもの育ちに地域で向き合う」~貧困や虐待などから子どもの権利を保護するために~ パネリスト
 2019年      被災から避難所や在宅での暮らし支援の経験を学ぶ。西日本豪雨災害支援の実践者から学ぶ ~被災地支援に取り組む人と組織の交流セミナー 講師
 第5回全国高校生未来会議 メンター
 岡山県青少年育成県民会議総会講演「高校生の自主活動を支える地域の大人の役割」講師
 順正キッズクラブ小学生YouTuber講座 講師
 赤磐市立赤坂中学校人権講演会「やさしい人間関係の作り方」 講師
 2020年   岡山県立岡山一宮高校進路講演会 講師
 ゆびとまフェスティバル2020まちづくりフォーラム 人口減のなかで多様な幸せな笠岡をめざして」 講師
 2021年  

著書
 2012年 『岡山市今昔写真集』(共著)樹林社
 2014年 『女学生スタイルブック』(監修)学校法人山陽学園
 2016年 『山陽学園130年の軌跡』(編集委員チーフ)学校法人山陽学園 
『WASAO BOOK VOL.1』(共著)若者の参画する街おかやま
 2017年 『地域から考える世界史』(共著)「ダブルプリズナーの記憶」勉誠出版
 2021年 『SDGs自治体白書2021』(寄稿)「#おかやまJKnote」生活社(6月下旬刊行予定)